MENU

フェアウェイを外しても慌てない!ラフからの打ち方

ラフの攻略がスコア向上の鍵

 

ゴルフ初心者にとっての大敵といえば、長い芝がゴルファーを悩ませる「ラフ」です。
好んでラフに撃ちこむプレーヤーはいませんが、ラウンド注一度もラフに入れないというのは超一流のプロでも至難の業です。
予想外のミスショットをどのようにリカバリーするのかによってゴルフのスコアが決まると言っても過言ではありません。練習では気持ちよく打てるティーショットやパッティングが中心になりがちですが、ラフショット対策をしっかりやっておくことで伸び悩んでいるスコアを上向かせることができます。ちょっとしたコツを抑えておくだけでもラフショットの難易度は大きく下がるので、スコアアップのためにもラフの攻略を目指しましょう。

 

 

まずはボールの状態を確認する

 

ラフショットで大切なのは、ボールの状態をしっかりと確認することです。
ラフと一口にいっても状態はコースやエリアに寄って千差万別です。フェウェイト大差ないくらいに手入れされた易しいラフもあれば、草むらかと見まごうばかりに生い茂ったラフを要するコースもあります。まずは自分のボールがどんな状態なのかをしっかりと確認し、どのように攻略すべきかを考えましょう。
ボールの大部分が見えている状態であればラフをあまり意識せずにショットすることができますが、ボールが芝に埋まっているような状態の場合はリカバリーの難易度が跳ね上がります。ボールの状態によって攻略プランは変わってくるので、上から見るだけでなくしゃがんでボールの状態をしっかり確かめることが重要です。

 

 

フェースを開いてショットする

 

ラフからのショットはフェースを開いて打つのが基本です。
フェースを開いたショットとは、フェースを飛ばしたい方向に向けた状態のままでシャフトを打球線の後方に傾けてロフト角を大きくしたショットのことです。フェースを開いてショットするとロフト角が大きくなる分だけスイングの強さに対して飛距離を短くすることができます。
ラフではしっかりと力を込めてスイングしないと絡みついた芝からボールを出すことが難しくなってしまいますが、飛ばしすぎてしまえばアプローチに失敗してしまいます。フェースを開いてショットすることで芝に負けないしっかりとしたスイングをしても飛ばしすぎる心配がなくなるので、パワーが乗ったスイングでも飛距離をコントロールすることができるようになります。また、フェースを開くことでクラブヘッドが芝の影響を受けにくくなりショットの引っ掛かりを防ぐ効果も生まれます。
スタンスは目標に対してスクエアに構えてください。フェースを開いてショットすると打球を思い通りの方向に飛ばしにくいのですが、短いアプローチやリカバリーであればわざわざオープンスタンスで打球方向を調節する必要はありません。しっかりとスイングできれば十分なので、しっかりとしたスタンスで迷わず振りぬきましょう。

 

飛ぶドライバー