MENU

ゴルフでスコアが伸び悩んでいる人は多いですが、中でも自己流でやってきたことが原因でなかなかゴルフが上達しないという人も少なくないと思います。

ゴルフで誰もが必ず一番初めに行う事。それはドライバーによるファーストショットです。ここでどれだけの飛距離が出るのかによって、その後のコース展開はまったく変わってきます。仮にですが、ドライバーで良いアプローチが出来ればアイアンを飛ばす事さえ出来ます。スコアだって良くなります。逆にドライバーの飛距離が出ないとメンタル面にも悪影響が出ます。
「このままではまずい」という気持ちから、焦りが生じてスイングが乱れてしまい、ますます結果が伴わない悪循環が生まれてしまうのです。
ドライバーがどれだけ大切なのかが分かるかと思いますが、ドライバーの飛距離、そしてコントロールをと思った時、どのようなトレーニングが良いかというと、延々と打ちっぱなしをするよりも、筋力トレーニングが効果的です。
打ちっぱなしも悪いものではありません。ですが、打ちっぱなしでレベルが上がるかというと、時間をかけなければなりません。1スイング程度ではレベルは高まりません。
そこで筋力トレーニングです。

 

どの部分の筋力トレーニングが良いのかというと、腕ではありません。下半身と上半身の連動制です。ゴルフのスイングを思い出してください。
ドライバーであれアイアンであれ、「スイング」という言葉からも分かるように、回転力によってゴルフボールを捉えるのです。野球のスイング同様、特定部位だけではなく、全身が連動しますので、筋力トレーニングは特定部位だけを行うのではなく、体幹を含めた連動性が求められます。
また、案外知られていないのが広背筋です。広背筋のトレーニングは軽視されがちなのですが、広背筋はどのようなスポーツであれ、上半身の力の源と言っても過言ではありません。広背筋は面積も大きいので、その分筋力によってパワーが左右されるのです。
ドライバーで飛距離を出す人の背中を見ると、広い人が多いのはそのためです。広背筋は日常生活の中で鍛えるのが難しい部分ですので、意識してトレーニングに打ち込まなければならない分、少々厄介ではあります。
ですが、筋トレだけで良いかというとそれもまた違います。大きく、そして逞しくなった筋力に「動き」を染み込ませなければなりません。そこで打ちっぱなしが大切になってくるのです。
筋力が増えた状態での打ちっぱなしでパワーアップした自分自身の体にスイングを染み込ませるのです。これにより、ドライバーの飛距離は飛躍的に伸びます。闇雲に長時間打ちっぱなしだけで頑張るよりも、筋力トレーニングを効果的に取り入れた方が飛距離は伸びます。

 

ゴルフ ドライバー ランキング